YouTubeで10秒スキップできない?設定方法をわかりやすく解説していくよ!

スポンサーリンク

YouTubeで10秒スキップできないけど…

・動画が早送りできない
・タップしたら、別の動画に飛んでしまう
・10秒ではなく、30秒スキップしてしまう
・秒数変更したいけど、どうやってやるの?

と、お悩みではないですか?

 

10秒スキップ便利だから、やってみたら…

と、友人と一緒に動画見て、思わず話してみたのですが…

何度やっても、10秒スキップできないんです。

 

正確に言えば、スキップはするのですが、10秒ではなく30秒。

これはこれで便利なのですが、30秒だと、スキップするにはちょっと長く、動画のいい部分を見逃してしまう可能性もありますよね。

 

ということで、YouTubeの動画のスキップ機能を見直すことに!

設定の変更はとても簡単で、3分もかからずに再設定が完了しましたよ~。

ということで本日の記事は、YouTubeで10秒スキップできない場合の設定変更方法について、わかりやすく解説していきますね~。

スポンサーリンク

10秒スキップとは?

まずは、YouTubeの10秒スキップについて、ざっくりとですが、解説していきますね。

もうすでに知っている人は、この部分は読み飛ばして、次の章に進んでも大丈夫ですよ~。

 

YouTubeにおける10秒スキップの機能なんですが、再生している動画の、

・画面の右側を多ブルタップすると、早送り
・画面の左側をダブルタップすると、巻き戻し

という機能です。

 

実際には、早送りや巻き戻しではなく、スキップなんですが…そのスキップする間隔が基本的には10秒なので、「10秒スキップ」と呼ばれています。

とても便利な機能なので、私もよく利用していますよ~。

YouTubeで10秒スキップできない場合の設定変更方法

まず最初に、調べてみたのですが…

YouTubeの動画を視聴しているときに、10秒スキップが邪魔だから設定を変更して、10秒スキップの機能をオフにしたい…というのは、できないみたいです。

10秒スキップが邪魔なのであれば、その機能を使わなければいいだけなので、機能をオフにすることはできないみたいです。

 

で、問題はここから…

YouTubeの動画を視聴しているときに、10秒スキップの機能を使った時に、スキップする間隔が10秒ではない場合ですが、これは設定で簡単に直すことができます。

さっそく説明していきますね~。

10秒スキップの設定を変更する方法(スマホ)

AndroidとiPhoneのどちらでも、設定方法はほとんど一緒です。

今回は、Androidスマホを使って説明していきますね~。

 

まず最初に、YouTubeアプリを開いてください。

そうすると、YouTubeのトップ画面が表示されますよね。

画面右上に、自分のアカウントがありますので、その部分をタップしてください。

そうすると、次の画面では、設定関する項目が、いろいろと表示されます。

この中で「設定」を選んでタップしてください。

次の画面では、「全般」を選んでタップしてください。

次の画面では、「ダブルタップで早送り/巻き戻し」という項目がありますので、その部分をタップしてください。

そうすると、次の画面では、ダブルタップしたときにスキップできる間隔(秒数)が選べるようになります。

私のYouTubeアプリの場合、

・5
・10
・15
・20
・30
・60

と表示が出ますので、お好きな感覚を選んでタップしてください。

これで設定は完了!

そのほかの、早送り/巻き戻し方法

YouTubeでは、スキップ機能のほかにも、早送り/巻き戻しの機能があります。

それは、時間の進んでいるのを示す動画下の赤いバーを指でスライドさせること。

そして、見たい場所で指を離すだけ。

これで、お好きな時間を選んで、再生することができますよ~。

といっても、このやりかとを知っている人も多いんじゃないかな…。

まとめ

長くなってしまいましたので、要点をまとめてみますね。

 

YouTubeで動画を視聴しているときに、10秒スキップができない…スキップしている間隔が10秒ではない場合、設定で変更することが可能です。

設定変更のやり方は、

  1. YouTubeアプリを開く
  2. 画面右上の自分のアカウントをタップする
  3. 「設定」をタップする
  4. 「全般」を選んでタップする
  5. 「ダブルタップで早送り/巻き戻し」をタップする
  6. お好きな秒数を選んでタップする

となります。

 

また、動画を再生しているときに、動画の下に時間がどれだけ過ぎたか確認できる赤いバーがありますので、その部分を指でスライドさせても、早送り/巻き戻しが可能ですよ~。

あわせてやってみてください。

 

本日の記事は以上です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました