YouTubeの動画URLをコピーする方法!パソコンとスマホの両方でできるよ!

スポンサーリンク

YouTubeの動画URLをコピーしたいけど…

・Youtubeの動画のURLをコピーして、LINEで共有したい
・URLってどうやったら表示させることができるの?
・簡単にYoutube動画のURLをコピーしたい

と、お悩みではないですか?

 

Youtubeの動画の共有方法がわからない…
どうやったらいいの?

と、URLのコピーのやり方がわからない人って、結構多いんですよね。

 

私の友人もそんな中の一人でした。

 

Youtube動画のURLをコピーする方法は、知れば、とっても簡単なことなんですが、知らないとちょっとわかりにくいんですよね。

なので、私のスマホを使って説明したんですが、今ではちゃんと使いこなせていますよ~。

やり方はとっても簡単なんです!

ということ本日の記事は、YoutubeのURLをコピーする方法について、パソコンとスマホの両方で分かりやすく解説していきますね。

スポンサーリンク

YoutubeのURLをコピーする方法

Youtubeの動画のURLをコピーする方法ですが、パソコンも、スマホアプリでも、とっても簡単にできます。

パソコンとスマホアプリのそれぞれ分けて解説していきますね~。

Youtubeの動画のURLをコピーする方法(パソコン)

パソコンからYoutubeのURLをコピーする場合、まず最初に、URLをコピーしたい動画を表示させてください。

この時に、動画は再生していても再生していなくても、どちらでも大丈夫ですよ~。

そしたら、次の動画の下に「共有」という部分がありますので、その部分にマウスカーソルを合わせて、左クリックを一回やってください。

そうすると次の画面では、共有に関するいろいろなアイコンが表示され、その下に動画のURLが表示されています。

URLの右に「コピー」とありますので、その部分を一回左クリックしてください。

これでURLのコピーは完了!

後はお好きな場所に、

  1. 右クリック
  2. 貼り付け

で、簡単に貼り付けることができます。

 

要点をまとめてみますね。

パソコンからYoutubeのURLをコピーする方法

1.URLをコピーしたい動画を表示させる
2.「共有」を左クリック1回する
3.「コピー」を左クリック1回する

となります。

コピーしたURLを貼り付ける方法ですが、

1.貼り付けたい場所を左クリック
2.「貼り付け」を左クリック

となります。

気を付けてほしいのが「上書き」ですね。

動画のURLをコピーして、さらに何かの文章をコピーしてしまうと、上書きされてしまうんです。

その結果、動画のURLのコピーが消えてしまいますので(「貼り付け」をすると最新のコピーした文章が貼り付けられる)気を付けてくださいね。

 

次に、スマホのYoutubeアプリを使って、動画のURLをコピーする方法を紹介していきますね~。

Youtubeの動画のURLをコピーする方法(スマホ)

今回は、Androidスマホ(SHARP AQUOS R2)を使用して記事を書いています。
違う機種、違うバージョンの場合、操作方法が若干違ってくる可能性があります。

まず最初に、スマホ本体からYoutubeアプリを開いてください。

そしたら次に、URLをコピーしたい動画を表示させてください。

動画を表示させると、動画の下に「共有」のアイコンがありますので、タップしてください。

そうすると次の画面では、共有に関するいろいろなアイコンが表示されます。

画面左上に「コピー」とありますので、その部分をタップしてください。

これで、Youtube動画のURLのコピーは成功です。

 

要点をまとめてみますね。

スマホアプリからYoutubeのURLをコピーする方法

1.URLをコピーしたい動画を表示させる
2.「共有」をタップする
3.「コピー」をタップする

となります。

コピーしたURLを貼り付ける方法ですが、

1.貼り付けたい場所をタップ
2.スマホのキーボードが表示されたら、空白部分(入力した文字が表示される部分)を長押し
3.「貼り付け」をタップ

となります。

スマホの場合、共有のアイコンをタップすると、

・facebook
・Twitter
・LINE

いろいろなアイコンが、いろいろなアイコンが画面に表示されますよね。

このアイコンをタップと、そのアイコンのサービスの投稿画面に表示が切り替わりますので、ダイレクトにURLを入力することができます。

最後に…

YoutubeのURLをコピーして貼り付ける方法ですが、覚えればとっても簡単にできると思います。

ぜひ覚えていろいろな場面で使ってください。

 

本日の記事は以上です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

タイトルとURLをコピーしました