スマホがすごい勢いで充電なくなる!私の体験談と解決方法

スポンサーリンク
充電

スマホがすごい勢いで充電なくなる…

・滝が落ちていくように急激に充電がなくなる
・確認したらバッテリーの消耗が激しい

・今までこんなことなかったのに、これは異常事態
・解決方法はあるの?

と、お悩みではないですか?

 

私も、何度も経験があります。

というか、この前も気が付いたらスマホ(Android)の充電がいつもよりも急激に減っていて、もうすぐ0%。

あわてて車に戻って、車の充電器で充電…。

 

私の場合、スマホの充電がすごい勢いでなくなることが、月に何度かあります。

原因も、もうわかっています。

なので、解決方法もしっかりわかっていますよ。

問題なのは、わかっているにもかかわらず、それを繰り返している私、なんです。

こんな自分がちょっと嫌い…

これを読んでいるあなたには、こうなってほしくないです。

ということで本日は、スマホがすごい勢いで充電がなくなる原因と、それに対する対処方法について、わかりやすく解説していきますね。

スポンサーリンク

スマホがすごい勢いで充電なくなるときの対処法

まず、私の体験談からお話ししますね。

私の場合、スマホ(Android)で、ゲームをやっています。

そのゲームの内容は、まあ、ありきたりなんですが…時間がたつと体力が増えるので、その体力を使ってゲームを進めていく、というもの。

なので、体力がなくなったら、それ以上先に進めませんので、いったんゲームはお預け状態になります。

 

その時に、ちゃんとゲームのアプリに接続されているのを切ればいいのですが、私の場合、「アプリの接続を切らずに電源を切る」ことが多く、そのためスマホ内部では、アプリが待機している状態。

例えてみると…

プレステなどのゲームの電源を入れた状態で、テレビ画面の電源を切った状態だと、プレステ自体は電源が入っているので、電力を消費しますよね。

スマホでも、この状態の場合、電気をものすごく消費するんです。

といえば、わかりやすいかな。

もしくは、

「車から降りているのに、エンジンがかかっている状態(アイドリング状態)」

こっちの方が、わかりやすいかな。

こうなってくると、スマホの充電がなくなるのが早いですよ!

すごい勢いで充電なくなるんです。

 

もうね、私のスマホの場合、一時間に10%くらいの割合で、急激に減ってしまうんです。

それに気が付かず、3時間も別のことをしていると…気が付いて、スマホを開いて確認してみたら、電池が残り30%もない、なんてこともよくあります。

 

とはいえ、これはスマホ(Android)の異常ではないです。

むしろ正常!

正常に機能しているから電池が減っているんですよ。

 

と、原因がわかっているので、解決方法もわかりますよね。

原因は、「使っていないアプリを開いていること」なんです。

なので、対策としては、スマホを開いて、動作中のアプリを切ることで、私の場合、すごい勢いで充電なくなる、という状態は脱出できます。

 

とはいえ、これを読んでいる人の中には、

「ゲームなんてしていないし…」

って人も多いと思います。

なのに、すごい勢いで充電減っていく…のであれば、次に紹介することに当てはまっているのかもしれません。

すごい勢いで充電なくなるなら、もしかして原因はこれかも

先ほど言ったように、「使っていないアプリに接続しっぱなし」以外にも、スマホの充電がすごい勢いでなくなるのには、いくつか理由があります。

例えば…

  1. 位置情報機能などがONになっている
  2. アプリの入れすぎ
  3. アプリなどの自動更新

などなど…それぞれの原因と対策について解説していきますね。

位置情報などがONになっている

位置情報に限らず、

・Wi-Fi
・Bluetooth

などがオンになったままの設定でいると、急激に充電がなくなります。

その理由は簡単で、

・位置情報
・Wi-Fi
・Bluetooth

この3つって、どれも接続先を常にチェックしていますよね。

なので、設定がONになっていると、常に何かを探している状態のまま…これでは電池の消耗が激しいのは、当たり前なんです。

 

対策方法としては、使うときはもちろん設定をONにするのは当たり前ですが、使い終わったら設定をOFFにしておきましょう。

そうすることで、充電が長持ちしますよ。

 

実は、私もよくやるんですよ。

スマホでお店を探して、そのままナビしてもらうことがよくあるんです。

その時はもちろん位置情報をONにしますよね。

そして帰りに、位置情報をOFFにするのを忘れてそのまま…。

私も気をつけるので、皆さんも気を付けてくださいね。

アプリの入れすぎ

これは今回この記事を書くにあたり、ネットで調べて初めて分かったことなんですが、「アプリの入れすぎ」も、すごい勢いで充電がなくなる原因になるみたいです。

まあ、いわれてみれば、当たり前なんですが…。

 

アプリを入れすぎると、その分スマホの容量を使用しますよね。

なので、時間がかかるみたいです。

例え話ですが…

倉庫に品物が10個の場合と、100個の場合では、目的の品物を見つける時間や労力が違いますよね。

アプリの入れすぎも、こんなイメージかな。
アプリを入れすぎると、その分、電池使用量が多くなります。

アプリなどの自動更新

朝起きてみたら、

「〇〇が自動更新されました」

って画面に表示されること、ないですか?

 

この自動更新も、電池の使用量が多く、すごい勢いで充電がなくなる原因の一つです。

この場合の対処方法としては、自動更新をOFFにして

・時間があって
・充電があって
・電波の状況もいい

こんなタイミングを見計らって、手動でアプリを更新するといいですよ。

バッテリーの劣化ってどうなの?

すごい勢いで充電がなくなる原因として、「バッテリーが劣化したから」というのも考えられます。

まず最初に言っておきますが、スマホ(AndroidでもiPhoneでも)バッテリーは消耗品です。

使えば使うほど、劣化していきます。

使い方にもよりますが、スマホのバッテリーは大体2年ほどで、購入時の50~70%の容量になると言われています。

なので、もし今現在使っているスマホが購入してから、1年半以上経過しているのであれば、バッテリーの劣化がそろそろ気になりだす頃、なのかもしれませんね。

 

バッテリーが劣化しているサインとして、

・充電に時間がかかる
・充電の消耗が激しい
・100%充電ができない
・シャットダウンや再起動が起きてしまう
・0%になる前に、シャットダウンしてしまう

といったことが症状として出てきます。

まとめ

長くなってしまいましたので、要点をまとめてみますね。

スマホがすごい勢いで充電がなくなる原因と、それに対する対処方法ですが、これが原因によって対処法が違ってきます。

 

まず、すごい勢いで充電がなくなる原因が「アプリのつけっぱなし」の場合、アプリを切ることで対処できます。

使っていないアプリは、接続を切っておきましょう。

 

また、

・位置情報
・Wi-Fi
・Bluetooth

などがONになっている状態だと、電池を消耗します。

この場合も「つかい終わった接続をOFFにする」ことで、電池の消耗を防げますよ。

 

そして、

アプリの入れすぎも充電の減りが早くなる原因です。

定期的にアプリの断捨離をして、使わないアプリはアンインストールしましょう。

 

加えて、

アプリの自動更新もまた、電池の使用量が多く、すごい勢いで充電がなくなる原因の一つです。

気がついたら…とならないためにも、アプリなどは手動更新に設定して、自分のタイミングで更新した方がいいですね。

 

最後に、

「バッテリーの劣化」も、すごい勢いで充電がなくなる原因ですね。

バッテリーが劣化してきたサインとして、

・充電に時間がかかる
・充電の消耗が激しい
・100%充電ができない
・シャットダウンや再起動が起きてしまう
・0%になる前に、シャットダウンしてしまう

といった症状が出てきますので、こういった症状が出てきたらバッテリーの交換や機種変更なども考える時期だと思います。

バッテリーを長持ちさせるには、充電に工夫が必要ですが、知ってますか?

もし、知らないのであればこちらの記事にくわしく書いてありますので、あわせて読んでみてください。

スマホの充電は何パーセントから?ドコモ店員に聞いた答えがこちら!
スマホの充電は何パーセントから? ・バッテリーが何%まで減ったら充電したらいいの? ・充電のやり方でバッテリーが劣化するって聞くよね ・バッテリーを長持ちさせる充電方法を知りたい と、お悩みではないですか? たしかに「充電のや...
スポンサーリンク
充電
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの設定.com
タイトルとURLをコピーしました