picsartで背景透過のやり方は?手順をスクショで分かりやすく紹介

スポンサーリンク

picsartで背景透過のやり方がわからない…

・画像の背景を透過にしたいんだけど…
・picsartアプリだったら簡単にできるって聞いたけど
・背景除去の画像加工って簡単なの?

と、お悩みではないですか?

 

picsartアプリって、いろいろな機能が無料で使えて、とても便利なのですが…機能が多いので、ちょっとわかりにくいって感じる人も多いですよね。

私も最初の頃は、picsartアプリは、ちょっと使いにくく感じて、その結果、あまり使わないでいました。

ですが、使ってみると、その便利さにビックリ!

今では、画像加工するときは、必ずと言っていいほどpicsartを利用しています。

もちろん、背景透過の加工もpicsartアプリを使っています。

ということで本日の記事は、picsartアプリを使った背景透過のやり方を、スクショを使ってわかりやすく解説していきますね~。

スポンサーリンク

picsartアプリを使った背景透過のやり方

picsartアプリを使えば、背景透過の画像加工はとても簡単ですよ~。

今回この記事を書くにあたり、実際にやってみたのですが、かかった時間は1分くらい…アプリの操作に慣れれば、もっと簡単に背景透過することができます。

ということで、そのやり方を紹介していきますね!

背景透過は簡単!

picsartアプリを使った背景透過のやり方を紹介していきますね。

まず最初に、picsartアプリを開いてください。

そうしたら次に、画面下の「+」をタップしてください。

次は「フリースタイル」をタップしてください。

そうすると、スマホに保存されている画像の一覧が表示されます。

その中から背景透過にしたい画像を選んでタップしてください。

そうしたら、画面右上の「(1)を追加」をタップしてください。

そうすると、画像の編集画面に切り替わります。

画面下の編集項目に「Remove BG」とありますので、その部分をタップしてください。

そうすると、「背景を削除できます」と表示されますので、その部分をタップしてください。

これで完了!

画像の背景を削除して透過にすることができました。

あとは、この画像を画面上の「ダウンロード」のボタンをタップして、スマホに保存してください。

(ダウンロードは、無料期間が過ぎている場合、有料になっています)

これで完了!

画像の背景を透過することができました。

長くなってしまいましたので、要点をまとめてみますね。

picsartアプリを使った背景透過のやり方は、

1.picsartアプリを開く
2.画面下の「+」をタップ
3.「フリースタイル」をタップ
4.背景透過にしたい画像を選んでタップ
5.「(1)を追加」をタップ
6.「Remove BG」をタップ
7.「背景を削除できます」
8.画面上の「ダウンロード」のボタンをタップ

となります。

まとめ

ということで本日の記事は、picsartアプリを使った背景透過のやり方を紹介しました。

簡単にできますので、ぜひチャレンジしてみてください。

 

本日の記事は以上です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

電源のいらない充電器

ソーラー充電器って知っていますか?

携帯充電器とほとんど同じ値段で、電源なしで充電ができるスグレモノなんです。

なので、予備で一つ

・車の中に!
・バッグの中に!
・アウトドア用品と一緒に!

といった感じで持っておくと、意外な場面で活躍しますよ~。

食品ロスの減少に、ご協力お願いします

円安にともない、食品関係の値上げが続いています。

しかし、一方では「食品ロス」という言葉に代表されるように、本来食べられるのに捨ててしまう食品が、年間522万tと、莫大な量になっています。

(日本人1人当たりが毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てているのと近い量)

参考:農林水産省 食品ロス

そういった食品ロスをなくしていくために、趣味期限間近の商品を、40~100%OFFで提供してくれるサイトを見つけましたので、紹介しますね。

とくポチ

このサイトなんですが、全商品が40%OFFからスタートして、一週間たつごとに、さらに10%ずつ割引されていくんです!

めっちゃすごいサイトでしょ!

実際サイトの中身はこんな感じ!

近くのスーパーに比べても、とても安いんですよ!

円安で、食費が上がってしまうのであれば、こういったサービスを利用して、少しでも節約しながら、なおかつ食品ロスの減少に協力お願いします。

とくポチ

画像加工など
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの設定.com
タイトルとURLをコピーしました