古いandroidはアップデートできない?バージョンアップできない原因と対処法

スポンサーリンク
その他の設定

古いandroidはアップデートできない?

・使わなくなったAndoridのバージョンアップはできないの?
・バージョンアップして使いたいんだけど…
・アップデートできないとスマホは使えないの?

と、お悩みではないですか?

 

古いAndroidスマホですが、私も使っていますよ~。

カーナビの代わりに使っていたり、目覚まし時計の代わりに使っていたり…

そういった感じで、使わなくなった古いスマホをサブの端末として使っている人って、多いんじゃないかな…。

 

で、使わなくなった古いAndroid(スマホ・タブレット)をアップデートすることが可能かどうかですが、まず結論から言えば、…これは可能ともいえるし、不可能とも言えます。

というのも、Androidスマホがあまりにも古すぎると、アップデートできない場合が多いですね…。

(とはいえ、アップデートできなくなったスマホでも、限定的に使うことは可能ですが…)

 

ということで本日の記事は、古いAndroidスマホがアップデートできない原因と対処法について解説していきますね~。

スポンサーリンク

古いAndroidスマホがアップデートできない原因

まず結論から言うと、古いAndroidスマホでも、メーカーのサポートが終了しなければ、アップデートは可能です。

というか、2~3年前のスマホだったら、ほとんどの場合、アップデートが可能なんですよ~。

 

しかし、それを過ぎてしまって、発売から4年以上過ぎてしまったスマホ・タブレットであれば注意が必要!

もしかしたら、メーカーのサポートが終了してしまって、アップデートできない可能性があります。

 

なので、「もしかしたら…」と思い当たるフシがあれば、調べてみることをおススメします。

今、自分が持っている、古いAndroidスマホ・タブレットが、アップデート可能かどうか調べる方法ですが、2つあります。

一つ目は、「機種名+サポート期間」とか「機種名+サポート終了」といったキーワードで検索してみること。

メーカーの公式サイトで調べてみるものいいですね。

 

そしてもう一つの方法ですが、「実際にアップデートしてみること」です。

Androidのアップデートのやり方ですが、

  1. スマホのホーム画面から「設定」をタップ
  2. 「システム」をタップ
  3. 「ソフトウェアアップデート」をタップ

となります。

そうすると、アップデートの有無を確認して、アップデートが必要であれば、そのままアップデートに移行するし、必要でない(最新バージョン)であれば、「このままご利用ください」と表示が出ます。

また、アップデートできない機種であれば「サポートが終了したため…」といったアナウンスが表示されますので、わかりやすいと思いますよ~。

 

そして、古いAndroidをアップデートする際に気を付けてほしいことも、いくつかあります。

それは、

  1. Wi-Fiにつながっているか?
  2. ストレージに空き容量があるか?
  3. 日付設定がしっかりしているか?

です。

これについては、それぞれ詳しく解説していきますね。

1.の「Wi-Fiにつながっているかどうか」ですが…

Wi-Fiに接続というか、インターネット通信に接続していないと、もちろんですが、アップデートできません。

アップデートする前は、安定して接続できるネット環境を見つけておいてください。

2.の「ストレージに空き容量があるか?」ですが…

アップデートするということは、スマホ本体の空き容量が必要になってきます。

なぜかアップデートできない…って場合、空き容量の不足が原因である場合が多いですね。

なので、アップデートできる機種にもかかわらずアップデートできないのであれば、最低でも2GBの空き容量を確保してから、もう一度アップデートを試してみてください。

3.の「日付設定がしっかりしているか?」ですが…

日付設定が正しくないと、アップデートできない可能性があります。

特に古いスマホの場合、日付設定がずれてしまっている可能があります。

なので、

  1. ホーム画面から「設定」をタップする
  2. 「システム」をタップする
  3. 「日付と時刻」をタップする
  4. ・「ネットワークの時刻を使用する」をオンにする
    ・「ネットワークから提供されたタイムゾーンを使用する」をオンにする

を、確認してみてください。

アップデートしないとどうなる?

古いスマホが、アップデートしない、もしくはアップデートできない場合、問題が発生することがあります。

例えば、

・アプリのバージョンアップができない
・セキュリティが弱い

なんかそうですね…。

 

それぞれ詳しく説明すると、

アプリのバージョンアップができない場合、アプリの最新機能が使えなかったり、アプリそのものが使えなくなってしまう場合があります。

例えば、youtubeなんかがそうですね。

私も持っている古いスマホでも、あまりにも古くて、youtubeが見れないようになってしまっているスマホがあります。

解約したスマホでyoutubeを見る方法!見れない場合はこの裏ワザで!
解約したスマホでyoutubeをみたい!けど… ・やり方がわからない ・youtubeアプリが動作しない ・ネット通信(Wi-Fi)はちゃんとあるのに… ・使っていないスマホやタブレットを有効活用したい と、お悩みではないですか?...

こういった感じで裏ワザを使って、youtubeを見るようにしているのですが…

 

スマホやタブレットがあまりにも古いと、

1.Androidがバージョンアップできない
2.その結果、アプリも最新バージョンが利用できない
3.さらに、アプリ自体が使えない

なんて感じで、アプリが使えなくなる場合がありますので、注意が必要です。

 

また、Androidのバージョンがあまりにも古いと、セキュリティが甘くなっている場合があります。

逆に言えば、Androidのアップデートというのは、機能の充実という意味ももちろんありますが、セキュリティのアップデートといった側面もあります。

これがあまりにも古い場合だと、セキュリティの面で不安な要素が多く、最悪の場合、個人情報が流出してしまう可能性もありますので、気を付けたほうがいいですね。

(古いスマホでは、クレジットカードの決済などはやめておきましょう)

まとめ

今回は、古いスマホのアップデートについて紹介しました。

私の場合、古いスマホを使う場合には、基本的に、

1.必要なアプリだけをインストールする
2.Googleアカウントなど個人情報に関するものは削除する

といったことをやったうえで、使うようにしています。

もちろん、アップデートできる限界まではアップデートしますが、それ以上できない場合は、セキュリティの部分でちょっと不安があります。

なので、そういった古すぎるスマホを使う場合には、なるべく個人情報は使用しないようにしています。

 

古いスマホの場合、メインで使うことはありませんが、サブとして多くの場面で使うことができますので、いろいろ工夫してみてください。

 

本日の記事は以上です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク

電源のいらない充電器

ソーラー充電器って知っていますか?

携帯充電器とほとんど同じ値段で、電源なしで充電ができるスグレモノなんです。

なので、予備で一つ

・車の中に!
・バッグの中に!
・アウトドア用品と一緒に!

といった感じで持っておくと、意外な場面で活躍しますよ~。

食品ロスの減少に、ご協力お願いします

円安にともない、食品関係の値上げが続いています。

しかし、一方では「食品ロス」という言葉に代表されるように、本来食べられるのに捨ててしまう食品が、年間522万tと、莫大な量になっています。

(日本人1人当たりが毎日お茶碗一杯分のご飯を捨てているのと近い量)

参考:農林水産省 食品ロス

そういった食品ロスをなくしていくために、趣味期限間近の商品を、40~100%OFFで提供してくれるサイトを見つけましたので、紹介しますね。

とくポチ

このサイトなんですが、全商品が40%OFFからスタートして、一週間たつごとに、さらに10%ずつ割引されていくんです!

めっちゃすごいサイトでしょ!

実際サイトの中身はこんな感じ!

近くのスーパーに比べても、とても安いんですよ!

円安で、食費が上がってしまうのであれば、こういったサービスを利用して、少しでも節約しながら、なおかつ食品ロスの減少に協力お願いします。

とくポチ

その他の設定
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの設定.com
タイトルとURLをコピーしました