ドコモで着信拒否の時のアナウンスは?「電源が入っていない…」かどうかスマホ2台で調べてみたよ!

スポンサーリンク

ドコモで着信拒否の時のアナウンスは?

・よく聞く「おかけになった番号は、電波の届かないところにあるか、電源が入っていません」は着信拒否に使われるの?
・着信拒否のアナウンスは自分で設定できるの?
・そもそも、着信拒否の時のガイダンスは、種類があって自分で選べるの?
・Android端末の種類によって、着信拒否のアナウンスは違うの?

と、お悩みではないですか?

 

これ…気になりますよね。

私はドコモのAndroid端末を使っているのですが、電話をかけると、たまに、

「おかけになった番号は、電波の届かないところにあるか、電源が入っていません」

という、アナウンス(ガイダンス?)が、流れることがあります。

 

これって、もしかして相手に着信拒否されているのかな?…

なんて、心配になったりするんですよ。

 

なので、今回はスマホ2台使って実際に検証してみました。

ということで本日の記事は、ドコモの着信拒否のアナウンスは「おかけになった番号は、電波の届かないところにあるか、電源が入っていません」になるかどうかについて、実際に検証した結果をシェアしていきますね~。

スポンサーリンク

ドコモの着信拒否のアナウンスは?

まず最初に結論から言いますね。

ドコモの場合、着信拒否の設定は2パターンあります。

なので、着信拒否のアナウンスも2パターンある、という結果になります。

 

とはいえ、この2パターンの着信拒否設定においても、

「おかけになった番号は、電波の届かないところにあるか、電源が入っていません」

というアナウンス(ガイダンス)は流れません。

 

というのも、着信拒否設定というのは、電波が届かないわけではないからなんです。

(もちろんですが、電源が入っていないわけでもないです)

電波は届く(電源は入っている)にも関わらず、「電波の届かないところあるか、電源が入っていないため…」というアナウンスはおかしいですよね。

 

そういった虚偽のアナウンス(ガイダンス)を流すことはできないんです。

ドコモやソフトバンクやAUといった大手の電話会社であればあるほど、こういったメッセージには、間違いのないように、細心の注意を払っているんです。

 

なので、もう一度言いますが、着信拒否のアナウンスに「電波の届かないところあるか、電源が入っていないため…」というメッセージは使われません。

その理由ですが、「着信拒否」という設定は、

・電波が届かないわけでも
・電源が入っていないわけでも

ないからなのです。

 

逆に言うと、

・電波が届いている
・電源が入っている

にもかかわらず、「電波の届かないところあるか、電源が入っていないため…」というのはおかしいでしょ。

もし、こんなうそのアナウンスを流したとすれば、ユーザーに訴えられたら負ける案件ですよね…。

なので、そういったことがないように、着信拒否の場合は、「電波の届かないところあるか、電源が入っていないため…」というアナウンス(ガイダンス)は、流れないようになっているのです。

 

では、着信拒否の場合、アナウンスはどうなるのか?

ですが、これに関しては次の章で詳しく紹介していきますね。

ドコモの着信拒否のアナウンスは?

ドコモの着信拒否のアナウンスですが…先ほども書いたように、ドコモの場合、着信拒否の設定方法が2パターンあるんです。

具体的に言うと、

・携帯会社(キャリア)の着信拒否サービス
・スマホ(携帯電話機)本体の着信拒否サービス

ですね。

 

ドコモの場合、「マイドコモ」からも着信拒否の設定ができるし、スマホ本体からも着信拒否の設定が可能です。(端末機種によります)

なので、この辺をスマホ2台使って、着信拒否の設定の違いによって、アナウンスがどうなるのか?を、実際に検証してみました。

(使用したスマホは、SHARP AQUOS R2です)

 

まず結論から言うと、ドコモの機種の場合、

◆「マイドコモ」から着信拒否を設定した場合
→「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」といったアナウンスが流れる

◆スマホ本体から着信拒否を設定した場合
→「プルルルル…」と呼び出し音が一回鳴ってから、電話が切れる

といった感じになりますよ~。

着信拒否の設定はスマホから?マイドコモから?

着信拒否の設定はスマホからがいいのか?それとも、マイドコモからがいいのか?ですが…これは人によると思います。

ただ、マイドコモから設定した場合、機種変更をしても、chカウ新拒否の設定はそのまま残ります。

それに対して、スマホ本体から着信拒否設定をした場合、スマホ本体を機種変更すると、もう一度設定をやり直しになります。

なので、この辺は着信拒否の設定をする前に、ちゃんと考えておきたいところですね。

まとめ

長くなってしまいましたので、要点をまとめてみますね。

 

ドコモの機種の場合、着信拒否に設定した場合、「電波の届かないところあるか、電源が入っていないため…」というアナウンス(ガイダンス)は、流れないようになっています。

というのも、着信拒否の設定は、

・電波が届かないわけでもなく
・電源が入っていないわけでもない

からなのです。

 

なので、着信拒否の場合、「電波の届かないところあるか、電源が入っていないため…」というアナウンス(ガイダンス)は流れないようになっています。

では、どういったアナウンスが流れるのか?といえば、ドコモの場合、2パターンあります。

◆「マイドコモ」から着信拒否を設定した場合
→「おかけになった電話番号への通話は、おつなぎできません」といったアナウンスが流れる

◆スマホ本体から着信拒否を設定した場合
→「プルルルル…」と呼び出し音が一回鳴ってから、電話が切れる

といった感じになりますよ~。

 

本日の記事は以上です。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク
ドコモ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スマホの設定.com
タイトルとURLをコピーしました